観葉植物INFO

観葉植物について

選び方

水のやり方

植え替えの方法

観葉植物の肥料

季節別管理方法

病気害虫

ハイドロカルチャー

観葉植物LINK集

ご意見・ご感想

観葉植物について

人間と植物の関係

かつて、私たち人類の祖先はアフリカの大森林で暮らしていました。アフリカでは木の実や野草などの食べ物に溢れ、天敵となる動物もいませんでした。ビタミンC(ビタミンCは、生物が生きていく上で欠かせない栄養素)を体内で精製することができない人類にとって、安全にビタミンCを含む木の実や野草を摂取できるその場所は、楽園だったのかもしれません。ですが、人類はいつまでもその楽園で暮らすことはできませんでした。大規模な地殻変動による森の乾燥化により、食料となっていた木の実や野草がなくなり、お腹一杯食べることがことが不可能になってしまったのです。それは今から約500万年前の出来事でした。それから人類は乾燥した草原での生活に適応すべく進化の旅を始めていきます。しかし緑あふれる楽園を失った深い悲しみは、人類の遺伝子に深く刻まれ、消え去ることはなかったのです。
また、食べ物以外にも昔からお供え物、墓花などの際にしきみという葉が用いられています。
しきみには毒素があり食べることは出来ないので注意が必要です。

簡単に緑の環境を作り出す観葉植物

近年、都市化がどんどん進み周囲から緑が消えていくにつれ、どことない不安を感じる人が大勢います。これは、先ほど紹介したように、私たち人類の遺伝子に刻まれた記憶、つまり「楽園だった大森林を失った悲しみ」を呼び醒ましているからなのかもしれません。庭園を造ったり、森へハイキングに行ったり、家庭菜園を楽しんだりするのは、その悲しみを少しでも癒そうとする行動にも映ります。ですが時間に追われ忙しい現代社会の中では、そのための時間すら作れないという状態なのです。忙しい中でも、家の中で植物を愛でることができる観葉植物はこのような現代生活に欠かせないものになりつつあるのです。

観葉植物がもたらす効果

観葉植物は、その美しい葉を楽しむことで認知されているのですが、観賞としての観葉植物だけではありません。昔のような自然が失われつつある現代の生活の中からは、身体に有害なプラスイオンが日々発生しています。そんな有害なプラスイオンを中和してくれる「マイナスイオン」を発させてくれているのがこの観葉植物なのです。一時期、サンセベリアが大量に「マイナスイオン」を発生させてくれるということで話題になりました。もちろん、化学的にも観葉植物の優れた効果は認識されているのです。

マイナスイオンを放出する観葉植物

先ほどもお話しいたしましたが、室内のインテリアや観賞を楽しむことだけでなく、観葉植物や人気のミニ盆栽はマイナスイオンを発生させてくれる効果があります。私たちが毎日生活している家の中ではTVやクーラーなどの電化製品、ハウスダストなどによってマイナスイオンよりプラスイオンの方が多くなっています。そこで部屋に観葉植物を置くだけで、プラスイオンよりマイナスイオンの方を増やす事ができます。プラスイオンは体にいろんな悪影響を与え、自律神経失調症、頭痛や肩こり、腰痛、不眠症、動脈硬化、冷え性など身体にいろんな悪影響を及ぼすと言うことが知られています。マイナスイオンは自律神経を安定させるだけではなく、これらの症状を改善させる効果があるのです。森林浴で体がリラックスできるのも、森林から放出されるマイナスイオンのおかげと言うことなのです。森の中ではマイナスイオンがプラスイオンの約2倍程度あると言われており、対照的に都会では森林が少なく排ガスや電磁波などの影響などもあって、プラスイオンがマイナスイオンの1.5倍程度もあると言われています。これもストレス社会の原因の一つになってしまっているのではないでしょうか。また、家に観葉植物を飾ると、マイナスイオンが増えるということだけでなく、観葉植物をただ見ているだけで不思議とリラックスします。お店などではお客さんを落ち着かせるために観葉植物をおいたり、商談の場でもよい効果があるかもしれないですね。

Valuable information

レディースワンピースの通販サイト
http://www.rakuten.co.jp/side-by-side/
BURTONのアウトレット通販サイト
http://www.e-kanagu.com/
切れる包丁 通販
http://store.shopping.yahoo.co.jp/tokusan55/
結婚式オリジナル招待状
http://sweetsmile-w.com/
おしゃれなアクリルケース
http://tomeido.com/